yu-1513の日記

24歳、軽度ADHDと聴覚処理障害。障害者枠での就活はじめました。

レズビアンの友人が男の人と結婚した話

 10年前、中学生だった私は気づいたら同性のクラスメイトに片思いをしていた。まだ今ほどに「LGBT」「性的マイノリティ」という存在が世間に認知されていなかった時代。当時10代だった私は同性に惹かれてしまう自分に悩んでいた。

 当時は同性愛といえば、テレビの中の別世界の話か、AVや創作ジャンルの一種ぐらいのイメージしかなく、同性を好きになるのはおかしいことだという認識が自分の中であった。これは誰にも口外できないことだ、隠し通さねばならないと確信していた。

 10代後半の頃から、なんとか世間の「普通」の枠に当てはまろうと、無理をして男性とお付き合いをしたことが何度かあった。しかし恋愛対象が女性である私にとって、男性とお付き合いをしているときは何かを演じている感覚が抜けなかった。デートやスキンシップも義務感から行っている感覚が抜けなくて、相手の男性にも心苦しい気持ちで結局長続きはしなかった。 

 そんなことを繰り返しに自己嫌悪して、もう自分に正直に生きようと決めた二十歳の頃、仮名でレズビアンであることをオープンにしたSNSを始めたり、レズビアンの女性が集まるバーやイベントに行ったりするようになった。そこで何人かのレズビアンの友人ができた。

 その友人の一人にFさんがいる。Fさんとは5年くらいの付き合いになる友人で、誰かを好きになったり恋人ができたり別れたり…というのを互いに見守ってきた。

 一年半ほど前、日曜日のカフェでFさんが宣言した。

「レズとして生きていく自信をなくした。私、がちで婚活はじめる。」

 Fさんはそのとき、3年付き合って同棲もしていた恋人と、相手の浮気が原因で別れたばかりだった。

「どんなにタイプでノリの合う相手でも、3年も経てば気持ちが冷めてしまうんだなって知って。女同士だと結婚という法的な繋がりも社会保障もなくて、子供もいない状況で、30代とかでぽーんと放り出されたとき、私は一人で生きていける自信がない。」と話していた。

 

 今は、少しずつだけど性的マイノリティを取り巻く状況は明るいものになりつつある。まだ条例レベルだけど、同性パートナーを家族と同様に扱う自治体も出てきた。この段階まで辿り着くのに、先人たちは一体どれだけ闘ってきたのだろう。それでもまだまだ、性的マイノリティが生きやすい社会には遠い。

 左利きの人やAB型の人が一定の割合でいるのと同様に、同性が恋愛対象になる人は世の中に一定数存在にも関わらず、パートナーが同性だと人に気軽に言える世の中ではない。普段は隠している人のほうが圧倒的に多い。私は今でも信頼できる友人以外には、恋人が同性であることは隠している。仕事関係の人には口が裂けても言えない。両親にも言えていない。普段は同性が恋愛対象と言えず、何気ない日常会話で嘘をつくことが当たり前になっている。

 同性のパートナーと人生をともに歩むことになっても社会的保障がない。

 例えば同性カップルの場合、もし相手の不貞行為によって別れるとなっても男女の夫婦の離婚のように慰謝料請求の裁判をできる保障がない。DVが起こっても世間に同性愛者とバレることを恐れて支援に繋がりにくいなどの問題もあるという。また病院の手術の同意手続きなどでも同性パートナーは認められない場合が多い。

 

 「こういう壁に当たったとき、これからのゲイやレズビアンのために今の社会がおかしいって声をあげる人が必要なんよな。でも私はそこまで頑張れへんから、社会に紛れることを選んでしまう。」とFさんは話していた。

 Fさんの話を聞いていて切なくなってきて、気づいたら少し泣けていた。まだまだ社会に紛れるために自分を押し殺さねばならない、その現実がもどかしかったからだ。

 それでもFさんにとっては男性と関係を持つこと以上に、社会に紛れられない辛さや法的な繋がりがない不安の方が大きいのだから、Fさんの決断は否定できない。

 

 

 その後Fさんは、付き合って一年近くになる男性と入籍した。

「信頼できて尊敬できる人と結婚できたから上手くやっていきたい。いまだに好きかって聞かれると微妙やけど…。向こうはめっちゃ好いてくれてるけど…。これまで女と付き合っていた頃のような好き好き大好きって感覚はなくても、落ち着いた常識人と穏やかな結婚生活、可愛い子ども、そんな生活を送りたい。」と言っていた。

 Fさんがたくさん悩んで選んだ道なのだから、わたしはただ彼女の行く先が明るいものであることを願いたい。

 

 レズビアンの界隈では適齢期をきっかけに、レズビアン界隈から離れて一般男性と結婚する女性が少なくない。最近レズビアンのバーやイベントで見かけなくなった顔見知りがいると思ったら「あの子、男と結婚したらしいよ。」と噂が入ってくることも度々あった。結婚したい理由は「親を安心させたい」「子どもがほしい」「社会的に安定したい」など様々らしい。

 

 私の場合は、同性愛者であること以前にそもそも発達障害ゆえに社会適合を半分諦めており、また障害が遺伝する可能性があることから子どもを産むつもりも全くなく、最悪一人で生きていくと20代前半にして既に腹をくくっている。

 けれど、そういった事情がなかったら、私も「普通」の枠にはまることに囚われてFさんと同じように一般男性との結婚を目指していたかもしれない。

 

 そもそも普通って何。まだまだ多数派でいないと世間からはみ出てしまう社会ってどうなの。

誰もが人と違うところを持っているし、生きていたら何かしらのマイノリティになる可能性がある。

これからますます生き方が多様化していくであろうこの世の中、性的マイノリティの人が生きやすい社会は、誰もが生きやすい社会に繋がってくると思う。

 

 今は過度期で今の子どもたちが大人になる頃にはもう少し生きやすい社会に近づいていると思う。

セクシュアリティに限らず、人はみんな違うのだから個人個人が尊重される世の中であるべきだと思う。

偏見を前に自分らしさを殺して生きている人たちが未だに多くいる。

多様性豊かな社会こそが当たり前であってほしいし、私も微力ながらもそのような社会を実現する一助でありたい。